2017年07月20日

いなか と とう摂取 その@

 皆様こんにちは。毎日暑いですね。「梅雨明けしたとみられる」って言ってましたね。

自宅ではまだ冷房は使用しておりませんが・・・

いなかのアパートに住んでみて冷房はあったほうがいいですが、

なんとか辛抱できそうです。

逆に暑くなるといつも意識せざるを得ないのが減量です。

少し話それますが、癌患者が親類や知り合いに多いです。

親類の方は他界されましたし、まじかに見て自分も意識するようにもなりました。

また、知り合いのガン患者とも会話しますが、彼は、糖の摂取を控えていると言ってました。

糖は、日常生活をしてますと意識しないと過剰摂取する事になりますよね。

なぜなら、米がうまい。野菜がうまいからです。

また、体の酸性化がよくないらしい。と言うことは体を弱アルカリ体質に心がける。

後、低体温にならないように心がける。

@糖の過剰摂取
A体の酸化
B低体温

上記を「定義」とした場合誰にでも起こり得る。
症状になりますね。


「糖を摂取しないダイエット」で動物性タンパク質と脂質のみの摂取で

糖が栄養として必要ない事を前提に考えれば理解は出来ます。

何代にもさかのぼっての結果で検証しないと理論では理解できますが、

完全には納得できないです。
人間が「雑食動物」を前提に考えると、

野菜もあわせてとることがいいとおもいますし、野菜の中でも炭水化物が大量に含まれるのは糖の過剰摂取になるのかもしれないですね。

「米」に関しても糖の過剰摂取になるのでしょうから、少し控えるべきなのでしょうね。

「玄米」は、血糖値の上昇が緩やかにするらしくメリットもあるみたいなので、自分で実験してみようとは思います。

やはり、精製されたものは体には好ましくないのでしょうか?

便利な世の中になればなったでそれに伴う弊害もでてきてしまうということなのでしょうか?

 糖の過剰摂取を控え腹八分を心がける。当たり前の事を当たり前にやってみます。

糖の過剰摂取が酸化の一つの要因だとすれば弱アルカリの物も摂取するべきかもしれませんね。

そこで耳にしたのが「重曹」ですが、じゅうそうも検索すればたくさん効果らしきものがヒットはしますね。

情報過多の現在では何か正解か分かりません。

専門の方でも意見が割れるくらいですから。

後は、自己責任だと思うので自分で試してみるしかなさそうですね。

まあどちらにしても肥満を解消して自信を持てる体作りは必要ですね。

色々試していきたいとは思います。

苦痛ではなく継続できるものを模索したいと思います。

少しかたいはなしになってしまいました。すいません。

結局は自分が自分で統計をとりつづけて納得することしか取り入れないとおもいます。

責任転換はできないので。

また、統計が出ましたら書いてみたいとおもいます。

本日は最後までお読みいただきありがとうございます。






ラベル:思考
posted by tuno at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 低体温 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。