2013年08月09日

公平と不公平

皆様こんにちは。

先日お寺にお参りしました。
夏でも少しひんやりしてますね。
話のなかで「公平」と「不公平」または、「平等」と「不平等」
についての話になり聞き入っておりました。

結論から書くと「公平」であり、「平等」である。です。

よく隣の芝は青いではありませんが、
比較対象にする事自分の中で何回もあります。

しかし、その対象の人の裏側の部分は知らないわけで
自分にとって見えている表の部分を対象に判断したに過ぎない。

陰ではもしかしたら人からの中傷もあったかもしれない。
それを知らないだけかもしれない。

なので結局「表」と「裏」すべてを判断材料に物事
を判断出来ていない自分が薄っぺらいと知る事。気付く事
であるという内容でした。

その思いが自分のこれからをつくっていくとも・・・

 要は真実を見極める事の必要性そんな感じでしょうか?
「足るを知る」にも通じるような・・・

まだまだ無知な自分ですね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。猫



ラベル:思考
posted by tuno at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。