2012年09月11日

関連性について

 みなさんこんにちは。TUNOです。

本題に入る前に以前旅行で行った際の綺麗な一枚を

見つけましたので添付したいとおもいます。



海外の駅ですが思わず一枚撮った記憶ございます。

えき.JPG


 さて、今日は、物事の関連性について書いてみたいと思います。

漠然と「関連」という単語を書いておりますが、

ある一つの事柄にずっと執着している自分がいます。ちっ(怒った顔)

ただ、その執着しても進展しないので、執着しないように感情をコントールする自分もいます。

たまたま別件で問い合わせした事柄が、不思議にもその執着していた事柄の打開策になるとは。

実に自分の中で不思議な気持ちです。ダッシュ(走り出すさま)

そしていつも相談しているHさんにその詳細を話し、またそこからひらめきひらめきやヒント

を貰いインプットとアウトプットを繰り返しておりますと、結果自分自身に対し答えが返ってくるのだな

とおもいました。あせあせ(飛び散る汗)

セミナーでおしゃってましたが、シェアすることの大事さを知りました。るんるん

 やはり、自分の回りがよくなっていくと結果自分も良い方向に導かれていく可能性

はあると思いますし、そういう人が「類とも」にもつながるのではないかexclamation&question

人持ちの事以前書きましたが、現代社会において自分主義と言いますが、

人持ちの大事さもあるのではないかと思います。

 原因と結果とも言いますが、その事が分かっていく気がしました。

やはり、導きや必然はあるのでしょうね。

Hさんとは出会う必要があって出会って、やはり必然ですよ。

人それぞれ役目があって誕生するって聞いたことありますが、

その人に必要な課題を私にも与えられ自分がその原因を作ったと

そして今の結果があると思います。

妙に納得した日でした。わーい(嬉しい顔)

 いつも、最後までお読みいただきましてありがとうございます。猫


ラベル:思考 意識
【関連する記事】
posted by tuno at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック