2012年08月07日

先日の「運」の記事で一番如実に表せる物って何か考えていましたら、

💡「富くじ」がありますね。👝

元々いつからあるものか気になり、調べてみますと、

江戸時代にさかのぼって、

神社仏閣の修繕費用の為にはじまったとありました。

 私も毎月一回は、お参りさせていただいておりますが、

とても心が落ち着く場所でもありますね。

 私自身弱いので縋る気持ちがあるのかもしれません。

「富くじ」の話に戻りますが、現在は、名称も変わって

おりますが、たまに購入する事もありますが、

大金は、当たったことはありません。⤵

 知り合いとの話で、大金ではなくても

ちょこちょこ小さいのがヒットする人は、

するようで、くじ運がある人とない人があるのは

本当のようですね。🎵

 口コミ👂での話ですが、購入者全体の1%しか

ヒットしないようで、1%が正解なら

まあ皆無に等しい

数字ということはわかります。

 未来予測が出来ないから

当たり前ですが、購入するのであって

まさに夢✨ですね。

 もし、仮に大金がヒットしても

問題は、その後ですよね⁉

お金に嫌われると逃げられるし、✋

セミナーで言っておられましたが、

大金ヒット後約7割の人が

その後破産宣告しておられるとか😖

という事は、購入しないほうが、

安定した生活を送っていたことに

なり、驚愕の数値ですね。

 その金額とその人の器の問題のようで

その金額を操れる。

また、その金額に耐えれる人になりたいものですね。😃

 すべての話を、私なりの解釈でするなら、「運」が事前準備ならお金を操れる人になり、

当選🚩してからの用途も

すべてシナリオを作成して

本当に当選😃
できたら、その結果が私にとって一番の正解ということになるようです。🐱







 
【関連する記事】
posted by tuno at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック