2012年08月01日

情(なさけ)

 先日感情について記事投稿してみました。

今日は、歴史上の人物について、「情」の部分をかいてみたいと思いました。

現在思いを寄せている人物ですが、平家と源氏であります。

平家は、現在ドラマも放映中ですが、宮島は、好きなので年に数回いきます。思い出深い地です。

 なぜ、当時あれだけの権力だった平家が滅亡したのか?バッド(下向き矢印)

とても疑問でした。

 跡継ぎが亡くなるととか色々あったとは思いますが、

ひらめき私は、一番の原因は、「情」だと思います。

平家は源氏を許したそれも「情」によって

なので結果滅亡したそう思ってます。

「情」は必要なかった食い殺さないといけなかった。ちっ(怒った顔)



 一方徳川政権は、豊臣政権を許すことなく根絶やしにして滅亡 結果「情」はなかったと思います。

復権は叶わず滅亡していきました。

どちらも「情」をテーマにかいておりますが、人間の感情はその後よくも悪くも作用するのでは

ないかと思いました。どんっ(衝撃)

 源頼朝ではないですが、「非情も情なり」は権力者にとって特に必要だったのだと思います。

トレードしててもおもいます。感情は邪魔だって。ふらふら



ラベル:思考
posted by tuno at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。