2012年07月30日

一方向

いっつも、思っていたこと。
 
 それは、なぜ、自分の考えは乖離と破裂を繰り返してきたのだろう。exclamation&question

もっとざっくり書きますと気持ちは一方方向に傾き右斜め上

行き過ぎると乖離解消の為 また、気持ちは元に戻ろうとするのか?右斜め下

復縁、復権、復帰と単語はありますが、

どういう場合でもあてはまるのではないかと思います。

 とても勉強になったセミナー動画のなかで

「感情が人を支配している。」黒ハート

成功者と呼ばれる人や、超剛腕トレーダーなどと呼ばれる人は、

体をコントールできれば、感情をコントロールすることができる。、感情がコントールできれば、

人生をコントールできる。

と言われているそうで、

ということは、肉体と、心は、一緒であって結果一緒ではないから、一緒の作用をさせる為には

どうすればいいのか?ということになると思います。


感情をコントールできてないから怒り、憎しみなど感情が溢れてしまい、

結果元々の考えから乖離した状態になる。


ある一定のレベルまで乖離したらそこで破裂が起きまた元に戻ろうとする。


よく、「変り者」や、「あまのじゃく」という言葉ありますが、裏を返せばそいう人は信念があり、


回りの感情に流されることなく自分で感情をコントールできている人。


私は、そう解釈できると思います。


私一個人の考えだけではなく「時代」の場合も

 
口コミや書籍で「時代は繰り返す。」と観たり目聞いたり耳していました。


なぜ?そういう状態になるのだろうって思っておりました。


いろんなセミナーなど見たり目聞いたり耳して思ったことは、


結局いつの時代でも人の感情は、一方方向に流れそこに乖離が起きその後破裂が起きまた元に戻ろうとする。

バネみたいなものなのかな?って思います。

「感情のないバネ」 になれば乖離せず、元に戻ろうとしない。


ひらめき結局私の気持ちは、「平常心」になることが一番大事だって気がつきました。
ラベル:感情 乖離
posted by tuno at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック