2012年06月29日

普通

食事など他の人としててやたら相手の料理が気になることがあります。

相手にそれ「おいしい?」と尋ねると相手が普通って回答出す時あるのですが、

普通ってどうにでも解釈できるので、便利な単語だとおもう時があります。

自分の中の普通と他の人の普通って多分クローンでない限りすべての価値観は違うと思うのです。

相手をあしらう時とか会話したくない時にも「多分」や「普通」など使用すれば

相手がどうにでも解釈してくれるので便利ですが、

逆に相手の許容範囲などは試されているのでは?とも

相手を試すのは好きではないですが、試されていることもあるのかもしれない。

今日はふとそういう事思っていました。

そういう思う事が現実化していくのかも?


ラベル:共有
posted by tuno at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。